一見”遠回り”な近道

THOUGHT

ふと、我に返り、今を見つめる。

真っ直ぐ、真っ直ぐ

ひたすら一直線に歩いてきたつもりが…

良く見ると”ハシゴの掛け違い”をしていたら…

 

もし、”ハシゴの掛け違い”に

ある、ふとした瞬間に気がついたら、

 

あなたは、

掛け違えたハシゴを

正しいところに掛け直せるだろうか?

 

 

あなたは、

戦ってきたフィールドに

固執してしまわないだろうか?

 

一見、容易に見えるこの選択を

正しく取れる人は、実はそういない。

 

それがなぜだか、

あなたには、分かりますか?

 

あと少しで、

苦労の末に掴み掛けた成功が

すぐ目の前に

ある”かのように”思えるからです。

 

その先にある、

ブラックボックスの苦難を

まるで、何もないかのように

一切合切全てを掻き消してしまう…

 

力がないまま、

その事実に気づかずに、

己の力を疑うことなく、

 

さらに大きな舞台へ飛び込み、

そこで初めて気づく。

 

「井の中の蛙」だったと。

 

一見”遠回り”な近道とは、

あなたが正しく思えていた道を、

 

俯瞰して、

疑問を投げかける

そこから見える道であり、

 

一見”遠回り”な近道とは、

勇気と覚悟の決断であり、

 

そして、時に、

ターニングポイントになる。